« ブログ名変更 | トップページ | 虹の足跡 »

2015年11月 2日 (月)

思うこと

介護ブログのような内容が続いていますが
日々のつぶやきは 
日々の生活に基づいているものかと。

介護をされている方々のブログを
読ませていただいたりしますと

それはそれは
壮絶とさえいえるほどの内容に
しばし絶句することも。

ある日突然 介護に巻き込まれ
被介護人を眼の前にして
何の知識もないまま
手探りで 人としての直感で
また
周囲の方々や介護福祉関係の方々
のありがたい協力も得たりしながら

いつまで続くか知れない介護生活に
必然的に覚悟せざるを得なくなり 

毎日二十四時間 振り回され
自分という心と身体をもって
自分以外の人の人生を生きなければならない
と言ってもいいくらいの過酷な介護を
されているかたもおられることでしょう。

介護生活で
自分が無くなりそうになる不安
まだバリバリ活動盛りの年齢の方々の
社会からの疎外感や焦燥感。

渦中のうちは愚痴も放ちたいでしょうし
自分の心身のほうが参ってしまうことも
あるでしょうが

後年 介護させてもらえてよかった
と思えればよしとしましょうか。

介護というほどではなかったですが 私の場合
義父のさりげない 「ありがとう」 という言葉に
柔らかな喜びを感じたものでした。

それにしても高齢化社会 
これからどうしたものでしょう。
 
偉そうに
わかったようなことを書いてしまった気がします。

« ブログ名変更 | トップページ | 虹の足跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事